歌詞ログ

邦楽・K-POP・洋楽の「歌詞の意味」を独自目線で解説しています。和訳やパート(歌)割りも含めてあなたが大好きな楽曲の理解が深まれば嬉しいです。

音楽

須田景凪「パレイドリア」歌詞&MVを公開|ボカロP名義『バルーン』の曲

投稿日:2018年12月29日 更新日:


須田景凪 (すだ けいな) が、2019年01月16日

1st EP『teeter』をリリースします。

須田景凪さんは、ボカロPとしての名義は『バルーン』です。

2曲目に収録されている

新曲「パレイドリア」について。

今回は、「パレイドリア」の

歌詞&MV (YouTube動画)を公開します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

須田景凪「パレイドリア」MV

視聴される前に
スマホやPCの音量は適切か
確認してくださいね (^^♪

再生時間は、3:46です。

動画が終わったあと
関連動画は再生されないようにしています。

動画配信元が広告を設定している場合等は
広告が流れます。

お待たせしました。
それではゆっくりお楽しみください。

須田景凪「パレイドリア」歌詞

パレイドリア

作詞 須田景凪
作曲 須田景凪

揺れるカーテンと有り触れた映画が
心地好(よ)かったから
消えゆくままの群青を 横目に映した

募る哀情と移り気な愛慕に 身体を預けては
過ぎ行くだけの生活を 幸せと呼んだ

下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりを 見据えたくないもんな

不確定 深夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね

目が回るような絶え間ない堂々
ずっと此処にいてもいいかな
この愛は溢れていくんだね

来たる安定と擦り切れたアイボリー
針の止まった時計
過ぎ行くだけの生活を 手離せなかった

日に日に徒然暮れてく今日は
常々僕らにまとわりついて
嗚呼 つまらない毎日だ
どうか救ってくれ

干涸びた希望で許し合っていた
この日々の仕組みを 認めたくないもんな

不関係 前夜 移り行く造形
もっと夢を見ていたいのに
この夜も滲んでいくんだね

身を焦がす様な鮮やかな群青
きっと間違えてはいないよね
繋がった手に尋ねていた

これから君とふたりで 覚束ない夢を語るの
それから君とふたりで 終わらない歌を歌うの

下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりに 隣にいたいもんな

不確定 今夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね

目が回るような絶え間ない堂々
ずっと此処にいて欲しいから
この愛を重ねていくんだね

最後に

「僕ら」はどんな「パレイドリア」を見ていたのでしょう。

二人がたどり着きたい愛のカタチが

見えているはずなのですが、

それは「パレイドリア」なのでは、と確信が持てません。

だから二人で夢を語ったり、

歌を歌ったり、手をつないで

ゆるぎない愛を確かめたいのです。

幻想か現実かわからない不安定な愛を

確実にしたい気持ちが描かれているようです。


関連記事

須田景凪「mock」歌詞の意味とは?アルバム『teeter』収録曲

-音楽
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした


JASRAC許諾第9022355001Y38026号
JASRAC許諾第9022355002Y31015号