歌詞ログ

邦楽・K-POP・洋楽の「歌詞の意味」を独自目線で解説しています。和訳やパート(歌)割りも含めてあなたが大好きな楽曲の理解が深まれば嬉しいです。

音楽

きゃりーぱみゅぱみゅ「キズナミ」歌詞の意味は?映画『モンスト』主題歌

投稿日:2018年9月7日 更新日:

きゃりーぱみゅぱみゅ (略称 KPP 生年月日1993年1月29日)が、

4thアルバム「じゃぱみゅ」をリリースします。

2曲目に収録されている

新曲「キズナミ」について。

同楽曲は、映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の

主題歌になっています。

今回は、「キズナミ」の

歌詞の意味を考察し解説します。

「キズナミ」の歌詞の意味については、

親しみやすくするために

主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。

それでは、さっそく見ていきましょう。

きゃりーぱみゅぱみゅ「キズナミ」歌詞

キズナミ

作詞 Yasutaka Nakata
作曲 Yasutaka Nakata 

冒険の日々がほら
未体験のシナジー 教えてくれるから
想像以上に近いの 君との距離は
同じ景色見てる

明日や未来のビュー
肩ごし透けて見える
君の視点を特等席から
一緒に見てたいの キズナミ

飛び出しはみ出し すぐに叩かれて あぁ
いつだって今だって
すこしずつ強くなるのだ
さぁさぁ ほら踊ろ おまじないかけよ
僕たちだけの魔法 キズナミ

ともだち ともだち この道の先で あぁ
今だってどこだって
すぐに駆けつけるから
手と手を取りあって おまじないかけよ
僕たちだけの魔法 キズナミ

どうしようもないような 気持ちをリセットして
てくてくてく歩くの
No Noは言わないのに 現実じゃなくて
ヤキモキしちゃうけど

明日や未来のビュー
肩ごし透けて見える
君の視点を特等席から
一緒に見てたいの キズナミ

飛び出しはみ出し すぐに叩かれて あぁ
いつだって今だって
すこしずつ強くなるのだ
さぁさぁ ほら踊ろ おまじないかけよ
僕たちだけの魔法 キズナミ

ともだち ともだち この道の先で あぁ
今だってどこだって
すぐに駆けつけるから
手と手を取りあって おまじないかけよ
僕たちだけの魔法 キズナミ

きゃりーぱみゅぱみゅ「キズナミ」歌詞の意味を解説

冒険の日々が始まる
どんなことが起こるかわからないけれど
君は僕に 未体験のことを体験させてくれる
いろんなことを 教えてくれるんだね
だから想像していたより 君との距離が近いんだなって思うよ
君と同じ景色を見てるんだし

明日見る景色
もっと未来の景色
肩越しに透けて見えるようだ
君はそんな景色を見てるんだね
君が見る景色を 僕も
特等席から一緒に見ていたいんだ
それが キズナミ(絆み)
一緒に 感じたい

僕は いつだって 今だってそうだけど
飛び出したり はみ出したりするから
すぐに叩かれちゃうんだ
でも 少しずつ打たれ強くなるのだ
さあさあ 踊ろうよ
おまじないかけるんだよ
僕たちだけの魔法さ
それは キズナミ(絆み)
一緒に 感じたい

僕たちは ともだち
そう かけがえのない ともだち
今だって どこだって
ともだちに 何かあったら
すぐに駆けつけるよ
手と手を取り合って
おまじないかけるんだよ
僕たちだけの魔法さ
それは キズナミ(絆み)
一緒に 感じたい


出典:https://twitter.com/pamyurin?lang=ja

どうしようもないような
やりきれない気持ちになったら
一度気持ちをリセットして
てくてく歩いてもいいじゃない
ノーとも言わずに 歩くだけで
やきもきするかもしれないけれどね
でもきっと ともだちが君を見てくれてるよ
君はひとりじゃないよ

明日見る景色
もっと未来の景色
肩越しに透けて見えるようだ
君はそんな景色を見てるんだね
君が見る景色を 僕も
特等席から一緒に見ていたいんだ
それが キズナミ(絆み)
一緒に 感じたい

僕は いつだって 今だってそうだけど
飛び出したり はみ出したりするから
すぐに叩かれちゃうんだ
でも 少しずつ打たれ強くなるのだ
さあさあ 踊ろうよ
おまじないかけるんだよ
僕たちだけの魔法さ
それは キズナミ(絆み)
一緒に 感じたい

僕たちは ともだち
そう かけがえのない ともだち
今だって どこだって
ともだちに 何かあったら
すぐに駆けつけるよ
手と手を取り合って
おまじないかけるんだよ
僕たちだけの魔法さ
それは キズナミ(絆み)
一緒に 感じたい

最後に

友達と同じ景色を見たり、

悩みを共有して励まし、助け合ったり、

経験したことのないことを、友達と一緒に経験することで、

私たちは、友達との「絆」を深め合っていきます。

私たちは、友達がいてくれるおかげで、

困難な壁を乗り越えられることもあるでしょうし、

経験を共有することで、楽しさは倍増し、

悲しみは、和らぎます。

そうして、友達との切っても切れない強い結びつき、

すなわち「絆」が生まれます。

キズナミ(絆み)の「み」は、

例えば、「今日、仕事で失敗しちゃって、つらみ」

って、言う時の「み」の感覚に近いと思います。

きゃりー独特の言い回しでしょうか。

「み」の一語には、しみじみとした感情が込められています。

そう考えると、「キズナミ(絆み)」は、

「友達の絆って本当にいいものだなあ、一生の宝物だよ」

という意味になるのでしょう。。


-音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした


JASRAC許諾第9022355001Y38026号
JASRAC許諾第9022355002Y31015号