歌詞ログ

邦楽・K-POP・洋楽の「歌詞の意味」を独自目線で解説しています。和訳やパート(歌)割りも含めてあなたが大好きな楽曲の理解が深まれば嬉しいです。

音楽

松本穂香「山の向こうへ」歌詞の意味は?『この世界の片隅に』挿入歌

投稿日:


出典:https://twitter.com/matsuhonon

女優の松本穂香 (まつもと ほのか) が、

新曲「山の向こうへ」をリリース。

同楽曲は、TBS系日曜劇場 (ドラマ)

「この世界の片隅に」の挿入歌となっています。

また、ヒロイン・すず役は、松本穂香が演じています。


(↑こちらは、こすぎあんこさんによるカバーです)

今回は、「山の向こうへ」の

歌詞の意味を考察し解説します。

「山の向こうへ」の歌詞の意味については、

親しみやすくするために

主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。

それでは、さっそく見ていきましょう。

松本穂香「山の向こうへ」歌詞

山の向こうへ

作詞 岡田惠和
作曲 久石譲

夜になった カラス
空になれぬ ウサギ

水になりたかったのに
野に咲く 花たちよ

あの山の向こうなにが
あるのだというのだろう

空を飛べる あなた
野山駆ける わたし

まだ見ぬ世界の丘に
誰とともに向かう

あの海の向こうきっと
大事な人がいる

ともに生きる 人に
何処にゆけば 会える

上る坂をはねのけて
下る坂を笑う

あの空の向こう どこか
二人の家がある

松本穂香「山の向こうへ」歌詞の意味を解説

あなたは
夜の暗闇の中にいるカラスのように
私にはよく見えない存在になってしまった

わたしはあなたにとって
空のような広い心を持った
大人しいウサギのような存在になれないのです

水のように自由に流れて
人生を送りたかっただろうに

その生命は絶たれ
ひとつ所にとどまる
野に咲く花のようになってしまった
あの子

あの山の向こう側に行けば
希望があるのだろうか

空を自由に飛べるようになる
あなた
野山を自由に駆けることができる
わたし

いつそんなことが
できるようになるんだろう

そんなまだ見ぬ世界の場所に
わたしは一体
誰とともに向かうんだろう

その人はきっと
あの海の向こうにいるに違いない
わたしの大事な人

私の人生を
共に生きて行ってくれる人に
どこに行けば会えるんだろう

二人の人生に
上り坂があれば
手を取り合い励まし合って
登ってくれて
下り坂があれば
楽しみを分かち合い
笑い合って下ってくれる
そんな人

あの空の向こうには
どこかに きっと
そんなわたしたちの
温かい家が待っているのでしょう

最後に

人の死や自分の不幸に遭遇した彼女は

幸せの意味に気づくことができました。

裕福でなくとも

ありふれた普通の生活を送りたいと願っています。

苦楽を共にできるような人が

きっといるから、歩いて行こうと決めました。

いつも二人を待ってくれている温かい家が、

どこかにあると信じて。。

幸せって、気づきにくいものですが、

近くにあるものだと思います。。


-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした


JASRAC許諾第9022355001Y38026号
JASRAC許諾第9022355002Y31015号