歌詞ログ

邦楽・K-POP・洋楽の「歌詞の意味」を独自目線で解説しています。和訳やパート(歌)割りも含めてあなたが大好きな楽曲の理解が深まれば嬉しいです。

音楽

Mr.Children「秋がくれた切符」歌詞の意味は?アルバム『重力と呼吸』収録曲

投稿日:

Mr.Children (ミスターチルドレン) が、
CDアルバム『重力と呼吸』をリリース。

8曲目に収録されている
「秋がくれた切符」 について。

今回は、「秋がくれた切符」の
歌詞の意味を考察し解説します。

「秋がくれた切符」の歌詞の意味については、
親しみやすくするために
主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。

それでは、さっそく見ていきましょう。

Mr.Children「秋がくれた切符」歌詞

秋がくれた切符

作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

風の匂いもいつしか 秋のものになってた
カーディガン着た君の 背中見てそう思う

公園の緑は その葉落としはじめて
カバンの中に一枚そっと着地した

神様が僕らにくれた
何かの切符みたいだ
でも どこへ行けというんだろう
この葉眺めて思う

茜色の夕日は 綺麗で切なくて
このまま時間が止まればいいのにな

神様が僕らにくれた
何かの切符みたいだ
でも なんの褒美なんだろう
今日も喧嘩したのに

神様が僕らにくれた
何かの切符みたいだ
君はまだ気付いてないんだな
その贈り物に

風の匂いもいつしか 秋のものになってた
寒そうにしてる君に 駆け寄り手を繋ぐ

Mr.Children「秋がくれた切符」歌詞の意味を解説

風の匂いに秋を感じたのは、
カーディガンを着た、君の背中を見つめていたからだよ。

そのまま視線を公園に移したら、公園の緑も散り始めていて、
その一枚が、風に乗って、前を歩く君の鞄の中に、落ちていったんだ。

僕は思ったよ、まるで神様が、僕らにくれた切符みたいだって。

でもね、何処に行けって言ってるんだろうね。
君の鞄の端っこから顔を覗かせている、葉っぱを見ながら、考えてしまったよ。

目に映る風景が、徐々に茜色に染まっていって、
見上げる夕日が、とても綺麗で、切なくなってしまったよ。

なんとなく、君の背中を見つめたまま、このまま、
時間が止まればいいのになんて、思っているよ。

まだ、鞄の端っこに引っ掛かって、僕を見つめる葉っぱがね、
神様が僕らにくれた、何かの切符みたいに思えるんだ。

でもさ、いったいなんのご褒美だって言うんだろうね。
僕らは今、喧嘩したばっかりだって、いうのにね。

でもね、神様は、僕らに切符をくれたんだ。
背中を丸めて、足元ばっかり見て歩く君はまだ、
きっと神様の贈り物に、気づいてはいないだろうけれど。

風がどんどん冷たくなっていくよ。
だから僕は、意地を張って寒そうにしている君の傍まで駆け寄って、
その冷たくなった手を、暖めてあげるよ。

そして、神様の贈り物を、君に教えてあげるね。

最後に

秋の茜色の公園で、喧嘩しちゃったカップルの、
可愛らしい仲直りの風景が、浮かんできます。

ぷいっと横を向いて、スタスタと歩き出してしまった彼女の背中を、
ちょっと俯き加減で見つめる彼の、気まずそうな表情が、見えませんか?

ちょっと下唇を出しながら、「そんなに怒んなくても…」
なんて思ってそうな表情で、彼女の二~三歩後ろを、すごすごと歩いてます。

でも、いっしゅんの風のあと、彼は目をみはります。
「あれ?」って。「めずらしい」って。
だって一枚の葉っぱが、まるで狙ったように、
彼女の鞄の中に吸い込まれていったんだから。

ちょっとだけ顔を覗かせている葉っぱは、まるで彼に話しかけてくるみたいです。

だから彼は、彼女の鞄の中に入りそうになっている、緑の葉っぱを、
小首を傾げて眺めながら、「あっ」と小さく声をあげます。
「そうか」って思いながら、微笑みます。

これはきっと神様が、「ほら、葉っぱが落ちたよって、話しかけなさい」って、
そう言っているような気がしたからです。

だって彼女は、怒ってしまったけど、駆け出したりしなかった。
彼の数歩前を、黙って歩き続けている。

彼はだから確信する。
「これはきっと、神様がくれた、僕らの未来のための切符なんだ」って。

秋の夕暮れに、少しずつ長くなっていく影が、徐々に徐々に近づいて、ひとつになる。
その風景を見下ろす神様は、茜色の雲の向こうで、きっと優しく微笑んでることでしょう。


関連記事

Mr.Children(ミスチル) 新曲「Your Song」歌詞の意味は?Newアルバムより
Mr.Children (ミスチル)「SINGLES」歌詞の意味は?『ハゲタカ』主題歌
Mr.Children「海にて、心は裸になりたがる」歌詞を公開|アルバム『重力と呼吸』より
Mr.Children (ミスチル)「箱庭」歌詞を公開|アルバム『重力と呼吸』より

-音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした


JASRAC許諾第9022355001Y38026号
JASRAC許諾第9022355002Y31015号