保険全般

【医療保険】『掛け捨て』は損?相場は?ぶっちゃけ必要なのか

投稿日:

医療保険


このブログ記事をご覧の方は、

医療保険を新規に契約されるか、

お持ちの医療保険を切り替えるか、

悩まれていることと思います。



今回は、「掛け捨て」型の医療保険は損なのか、

もし、「掛け捨て」型の医療保険に入るなら

相場はいくらか、についてお話しします。



また、それを踏まえて

保険業務歴20数年の私が、

ぶっちゃけ医療保険は必要か、お話しします。



医療保険を検討されている方は、

どうぞ参考にご覧ください。




「掛け捨て」型の医療保険は損なのか?


まず初めに、現在の医療保険は、

「掛け捨て」型と「積み立て(貯蓄)」型があります。



数年前までは、医療保険と言うと、「掛け捨て」型でした。

ですから、数年前までは、

皆さん、「掛け捨て」型の医療保険に加入されていました。



では、現在はどうでしょう。

私が、ご契約いただいている医療保険の比率は、以下の通りです。

「掛け捨て」型:「積み立て(貯蓄)」型=10:90



「掛け捨て」型の医療保険に入りたいと

言われる方は、まずいらっしゃいません。



でも、10%は、「掛け捨て」型じゃないか、

と言われることでしょう。



この10%の方は、ご年配の方で、

契約条件に当てはまらないため、

「積み立て(貯蓄)」型を契約できず、

仕方なく「掛け捨て」型にされた方です。



皆さんの選択は正しいと思います。

私も、今、医療保険に入るなら、「積み立て(貯蓄)」型にします。

私の個人的な意見ですが、「掛け捨て」型の医療保険は損だと思います。



私は、日々の業務で入院された方の

保険金の受取額も把握しています。

70歳位までの方は、数万円~10数万円位が多いです。

その保険金を受け取るために払った掛け捨ての保険料は

200万円前後です、というような方がたくさんいらっしゃいます。



保険料ばかり払ってきて、一回も入院したことがなく、

初めて入院したと思ったら、すぐに退院する方はほんとに多いです。

今どき、病院は一人の入院患者さんを長く入院させませんし。



しかし、ほとんどの方は、損ですが、一部の方は

「掛け捨て」型の医療保険でも損しないことがあります。

それは、医療保険に加入して、間もなく入院し、

保険金を受け取ったら、解約される方です。

入院を予知されている方は、お得かもしれません。



ごく少数ですが、そんな方もいらっしゃいます。

その方だけを見ると、保険会社は赤字ですが、

ほとんどの方については、黒字なので、入院しない方の保険料を

保険金に回せば、十分黒字なのです。


医療保険『掛け捨て』

「掛け捨て」型の医療保険の相場はいくらなのか


「掛け捨て」型の医療保険にしか入れない方は、

ご年配の方が多いので、相場は高くなります。



相場は、月々1万円前後でしょう。

これで、入院日額1万円が目安です。



ご年配でない方が、「掛け捨て」型の医療保険に入る場合は、

相場は、月々2,000円~3,000円でしょう。

「掛け捨て」型なら、これくらいの保険料が妥当です。



医療保険はぶっちゃけ必要なのか


「掛け捨て」型の医療保険は、ぶっちゃけ不要です。

ご年配の方も無理して、月々1万円払うくらいなら

貯金して、入院に備えればいいと思います。

入院治療費は、高額療養制度のおかげで月に数万円の負担で済みます。



ただし、個室に入院する場合は、差額ベッド代だけで

日に1万円~15,000円位かかるので、

加入後間もなく入院するようなことがあったら、

とても助かるので、「入ってて、よかった」と思うでしょう。



「積み立て(貯蓄)」型の医療保険は、ぶっちゃけどちらとも言えません。

払った保険料の元本が保険金もあわせて、全額返ってくることが前提ですよ。



貯金をするのが苦手な方は、必要だと思います。

強制的に払っていくことになりますから、いつの間にか貯金できます。



しかし、落とし穴があります。

積立金が返ってくる満期より以前に解約したり、失効したりすると

払った元本を大きく割り込んでの返戻となります。

かなり損します。

そのような可能性があるなら、普通に銀行で積み立てしたほうがいいです。


医療保険 必要性

まとめ


「掛け捨て」型の医療保険は一般的には損します。

ご年配の方で「積み立て(貯蓄)」型の医療保険の加入条件に

合わない場合は、やむを得ませんが、高い保険料を払わなくても、

普通に貯蓄で備えればいいのではないでしょうか。



「掛け捨て」型の医療保険の相場は、ご年配の方で、

月々1万円、そうでない方は、月々2,000円~3,000円が目安です。



「掛け捨て」型の医療保険は、ぶっちゃけ不要です。

ほとんどの方が損するように設計されています。

加入後間もなくして入院される方だけは、お得です。



「積み立て(貯蓄)」型の医療保険は、ぶっちゃけどちらとも言えません。

強制的に保険料を払うので、貯金が苦手な方には、お勧めです。

ちゃんと払った分は返ってくるので、損はしません。

しかし、積み立て満期前に解約したりすると、

元本を大きく割り込んでしまうので、注意が必要です。



-保険全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命保険の見直しについて

先日、自動車保険について、まめに見直してください、とお伝えしました。 保険の見直しと言うと、みなさん生命保険の見直しって、よく勧められませんか? 今日は 生命保険の見直しについて、留意すべきことをお伝 …

自動車保険販売を副業とする代理店を選ぶ際の留意点

こんにちは。保険代理店の、こーです。 あなたが、国内損保の自動車保険を契約する際の代理店選びの参考となる考えをお伝えします。 なお、今回は、自動車保険販売を副業とする代理店をフォーカスします。 新車中 …

契約する保険の種類ごとに専門の代理店を選んでいますか?

こんにちは。保険代理店の、こーです。 世の中、色んな保険がありますが、その種類ごとに 契約すべき代理店、可もなく不可もない代理店、契約するべきでない代理店 を、分けることができます。主な保険について、 …

火災保険 請求漏れはありませんか

今日は火災保険の更新契約手続きをしました。 火災保険は自動車保険や生命保険よりもなじみが薄いかもしれませんね。 賃貸マンションにお住まいの方の火災保険です。 賃貸物件にお住まいの方は、ほとんどの場合、 …

自転車保険を検討中なら必ずご覧ください

今日は、よくお問い合わせのある自転車保険について、お話します。 あなたは、なぜ自転車保険が必要なのでしょうか。 昨今は自転車の過失も厳しく追及されます 昨今、自転車の交通事故が社会問題化していますよね …


JASRAC許諾第9022355001Y38026号
JASRAC許諾第9022355002Y31015号